取り組み

労働安全衛生

マネジメントシステム

労働安全衛生の規格であるOHSAS18001に準じたマネジメントシステムを運用し、危険な作業や場所がないか、衛生上の問題はないかなど、改善活動を通じて安全で衛生的な職場環境を目指して活動しています。

教育・研修

各事業所ごとに安全衛生に関する教育研修や活動を行っています。
特に工場では薬品やフォークリフト等に関する勉強会、安全パトロール、ヒヤリハット活動、KYT(危険予知トレーニング)活動などを行い、安全意識の向上と事故・災害の防止に努めています。

労働災害(休業)

2018年度の休業を要した労働災害は3件でした。

ページの先頭へ戻る