IRポリシー

メック・ディスクロージャー・ポリシー(MDP)

基本方針

当社は、すべてのステークホルダーに対し、透明性、公平性、継続性を基本に迅速かつ正確な情報開示が非常に重要であるとの認識のもと、会社情報の提供について全社一丸となり真摯な姿勢で行います。特に情報開示を通じて、企業価値が適正に評価されるよう資本市場との良好な関係を築きます。

情報開示の方法

当社は、証券取引法等の関係法令および東京証券取引所が定める適時開示規則ならびに投資判断に有用な情報と判断する内容に関して、東京証券取引所が提供する適時開示電子情報システム(TDnet:Timely Disclosure network)に登録すると同時に当社ホームページにも掲載します。

IR活動

当社は、全ての株主・投資家の皆様が、当社の事業内容を適切に理解して頂いたうえで投資判断ができるよう活発なIR活動を行います。そのためには全ての株主・投資家さまへの誠実かつ公平な情報開示を行い、双方向性のコミュニケーションを大切にし、常に新しい発想で、わかりやすいIR活動を進めます。

MDPの厳守

当社は『企業の社会的責任(CSR:Corporate Social Responsibility)』の観点からもMDPを周知徹底し厳守します。

ページの先頭へ戻る