研究開発体制

メックの開発コンセプトは『界面創造』。
社員の約3分の1、売上の約10%を研究開発に投入。

エレクトロニクス製品の機能を大きく左右する「界面」。当社は、この物質と物質が接する境界である「界面」の創造を通して、エレクトロニクス製品の進化・高度化に貢献することを基本姿勢としています。高機能・高付加価値製品の開発はもちろん、品質向上・コスト低減まで、多彩な顧客ニーズにお応えするため、電子基板やディスプレイ向け等を中心とする関連市場のニーズを先取りし、研究開発へ迅速に反映させ、製品化に取り組んでいます。また、電子基板以外の市場も含め、今後の成長が期待できる分野へ当社のシーズを積極的に投入し、さらなる競争力強化と新市場開拓に努めています。

これらを支えるのが、メックの要である研究開発体制です。従業員数(単体)の約3分の1を研究所に配員し、連結売上の約10%を研究開発費に投入。テーマの進捗および市場ニーズの変化に適した組織を目指し、迅速かつ柔軟に市場動向に対応できる体制を整えています。

お客様の声がダイレクトに届く研究開発体制

研究開発費(連結)

  2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
連結売上高(百万円) 6,703 8,003 9,057 9,078 9,259
研究開発費(百万円) 740 762 877 798 902
対連結売上比率(%) 11.1 9.5 9.7 8.8 9.7
ページの先頭へ戻る